何が違うのか

開業時に利用できるサービスについては様々なものがあります。このようなサービスを利用している場合と利用していない場合でどのような違いが生まれるのか見ておきましょう。

サービス利用に関する比較

サービスを利用していない

店舗管理などの便利なサービスを利用していない場合だと、余計な仕事が増えてしまうでしょう。開業する場合だと、店舗の管理などに関する業務を効率よくこなせなくなるのです。

サービスを利用している

店舗管理などの便利なサービスを利用している場合だと、余計な仕事をせずに済むでしょう。開業する場合だと、店舗の管理などに関する業務を効率よくこなせるようになります。

色々な悩みがある

多くの人が開業した場合に、店舗管理で悩んでいると言われています。また、店舗管理ではどのような悩みを持っているのかも調べておくと良いでしょう。これから開業する人にとっては、参考となります。

店舗管理の悩み

女性

経営数値の把握

店舗開業した場合の悩みとして多いのが、経営に関する数値の把握です。例えば、売上や仕入れ、在庫などの数値が挙げられるでしょう。これらの数値をしっかりと把握できていなければ、利益を上げることが難しくなります。

指示系統の統一

店舗を管理する上で大切なことが指示系統の統一です。しかし、多くの人が指示系統を統一できずに悩んでいるのです。指示系統が何本もあると、意思疎通や情報の共有が難しくなってしまうでしょう。

やるべきことが多い

開業する場合、店長として働くことになるでしょう。そして、店長として店舗内の管理を行ったり、接客をしたりとやるべきことが多くて困ってしまうことが多いのです。アナログの作業が多いと、余計な作業が増えてしまいます。

効率の悪い作業

Excelでの商品管理や手作業でタイムカードの記録集計を行っていると、効率は悪くなります。商品や従業員の数が増えてくると、作業が追い付かなくなってくるでしょう。しっかりとした管理ができなくなります。

顧客情報の把握

アナログ管理をしていると、顧客情報をきちんと把握することが難しくなってきます。顧客の購買履歴や頻度が分からないので、DMや案内を効果的に行えなくなってくるのです。顧客のニーズに対応できないという場合もあります。

店舗管理などの便利なサービスをいくつか紹介

店舗

サービスを活用する

店舗開業を考えているなら、便利なサービスを有効活用するべきです。まずは、店舗管理システムを導入すると良いでしょう。店舗管理に関する悩みを解消することができます。また、誰でも簡単に扱えるposレジシステムを導入することで、業務の負担が軽減するでしょう。最近では、飲食店だけではなく、美容室などでもposレジシステムが導入されています。さらに、酸素カプセルのレンタルなどの個性的なアイテムも活用すれば、集客力も高まるでしょう。また、飲食店の開業を考えている場合には、業務用食器や調理器具なども必要になってきます。これらの道具を大量に揃えるのは大変なことなので、まとめて購入が可能な通販サイトや販売専門業者などを利用するとよいでしょう。その他にも、歯科などは電子カルテを導入すると良いです。電子カルテにすることで紙媒体で保管をする必要がなく、必要な患者のカルテを簡単に見つけ出すことができるでしょう。また、患者さんに説明をする際、口頭だけでの説明だったのが電子カルテにすることで動画や画像を見ながら説明することができるため患者さんにも伝わりやすい説明をすることが可能です。